Main | August 2005 »

September 24, 2004

フィギュア実験記9

fi014.jpg
後ろ髪の前側&モミアゲをくっつけた頭パーツ。実際にこの状態になるまでに前回の状態から同パーツの1回失敗とバニー耳のヘアバンド部分の拡張作業をしました。見えない部分ですが、結局バニー耳の工作が中途半端だった為に1回目の失敗原因に。やっぱり納まりを考えて下になるものはしっかり作っておかないとですな。反省反省。
fi015.jpg
リス○カットされた左手パーツとボディに接着しなおした左腕パーツ。切り取る際に多少ためらい傷が・・・・。(ノコ刃がブレたんよね;)まぁ、それは置いといて・・彩色前まで肩下から切り離した状態で行けると思っていましたが、バニー娘と言えばおなじみの手首のカバー(なんて名前かわからんが)があることを思い出したので、左腕>リストカバー>左手と言う感じで工作出来るように加工した訳です。あと右腕と後ろ髪の工作にも入りましたので、全身像がそろそろお見せ出来ると思います。
では(・ω・)ツ<長寿と繁栄を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2004

フィギュア実験記8

fi011.jpg
形がほぼ決定した前髪とバニー耳。この後、バニー耳との連結部横の隙間を埋めるとともに若干のボリュームアップを行う。で、後ろ髪の前部がバニー耳にかぶさる形でモミアゲの部分となります。顔もちょっと手直し必要と思ったり。ちなみに、作業中に床に落下してバニー耳が2度程壊れますた(;TДT)<はうっ
fi012.jpg
脚部の先端であるピンヒール部分。もう少し踵の角度が高めの方が6インチのピンヒールとしては正しいと思うので改修の必要があるなと、当然ながらこのままではまだ自立出来ませんが頭乗っけてみてもバランス悪くないのでヒール部分を作れば補助無しで自立可能と思います。あと、バニーと言えば網ストッキングなのですが靴と肌の境を明確にするのが面倒臭そうなのでロングのレザーブーツとピンヒールを合わせて、それをガーターで吊ろうかと画策しております。なんせノーパンノーブラで完成させたいからね。端っこに写ってるリップは剥離材用の使い古しの物。
fi013.jpg
左はマスキングテープでボディに固定して要所にリップ塗ってパテ盛って削って盛って削ってちぎって投げて完成した手。右はディティールアップした手。これは自分的に今回の実験の中で一番の出来ではないかと自負しております。イラスト的なデフォルメをしつつ爪の部分等はそれっぽさがそこはかとなく漂っている感じでいい感じ。ただ、この状態だと肌と爪部分がはっきりしすぎなので、もうちょい滑らかになるようにヤスリました。で、左手を一生懸命作っててふと気がついたのですが、右手どころか右腕を全然作業してないな・・・・・・・・・・・・。
(;・ω・)ツ<ちょ・長寿と繁栄を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2004

フィギュア実験記7

fi010.jpg
スラリと伸びた脚部と足の加工の為と効率化を図る為に切断された左腕。脚部に関しては、この時点でも結構長めにしてあるんだけど、この後ピンヒール用に爪先を曲げるのみでそこまではほぼ直線を描く事となり、非常に脚がグンバツのバニ子さんになります。腕も設計図が無いだけあって、無駄に長めになってしまったので切った貼ったを繰り返す事となります・・・それでも現在もって長めですが・・・ホント段取り悪すぎです・・・。オマタになんとなく筋があるっぽいのはご愛嬌。それと写真のストックが無くなって来ましたが、つまりは現在の進行に追いついて来たって事ですね。これからのはリアルタイムでの実験記になるかと思うと完成を急がねばと思う今日この頃です。
それでは(・ω・)ツ<長寿と繁栄を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2004

フィギュア実験記6

fi008.jpg
失敗ヘアその1。マスキングしてベタベタとパテを盛りつけて更に盛りつけて、それっぽく尖らせつつ削って盛って削って盛って・・・・断念・・・つ・・次行ってみよー!!
fi009.jpg
失敗ヘアその2。同じくマスキングしてベタベ以下略・・・・。左後方に見えるのが失敗ヘアその1の残骸。その2は先端は尖らせないで重なりになるように形成したけど、兎に角両方ともに想定外に幅広くボテっとした感じになってしまった。成功したヘアーその3では、前髪は額にチョコっとくっ付く程度の広さに停めボリュームはしっかりと盛りつけ、付け根付近にバニー耳が付くように工作した。現在、ヘアーバンドに耳を固定中なので写真は後日のお楽しみに。そいでは(・ω・)ツ<長寿と繁栄を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2004

フィギュア実験記5

fi006.jpg
どーんと進んで前腕部の作成開始。この時点では位置的に体に密着してしまうのでシール台紙を挟んで、そこにパテを盛りつける事で紙一枚の隙間を作り体の線に沿った形を形成する。・・・しかし、これも無計画が仇となり結局は肩の下辺りから切り取り腕の形状そのものを整え直す羽目になる・・・・。盛った削った切った貼ったと繰り返すのだが、これが普通なんでしょうかねぇ?ファンドやエポパテ等の練りながら形を作って行く素材にした方が自分に合っているのではと思ってならない。少なくともポリパテ形成の場合は設計図に当たる元絵が必要なのは間違いないのだが、今更このスケールに合うように描く方がよっぽど至難の技である・・・。
fi007.jpg
そこはかと無く微乳ぽい写真。ポージングは、肩幅に足を開き胸を張ったS字のいわゆるカトキ立ちな感じなので肩甲骨はもうちょっと深めにした方が良いように思う。てかね、今は足も殆ど出来てるんだけど、ちょっとリアル傾向が強く出てて顔のデフォルメ感に合わなくなって来たよ・・・・髪の毛も3回目にして(2回はある程度作り込んだものの、修正するよりも新造する方が楽な程の出来になってしまった・・・)やっとこさ前髪だけそれらしいのが出来たので大切に後ろ髪とバニー耳を作って行きたい。ではでは(;・ω・)ツ<長寿と繁栄を!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2004

フィギュア実験記4

fi005.jpg
上半身と下半身ボディーを各々人間の体に見えるように整形したパーツと、腕になるであろうパーツと、盛って削って盛って削ってなんとか頭っぽくしたパーツの図。この時点では上半身は大胸筋含め男の体にしか見えません;ちなみに、この後前腕部も作ったのだが結局はスネのパーツになるのであった・・・・まさに無計画。そんなこんなで今日はここまで。(・ω・)ツ<長寿と繁栄を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2004

フィギュア実験記3

fi004.jpg
前回のボコボコの板状パテを4分割してそれぞれパテで接着し上半身と下半身のそれぞれボディパーツにする。同時に頭と腕もボディ同様ガラス台に直接盛りつける。(前回の反省が生かされていない訳だが・・・)この後、頭部パーツは厚みを出す為に盛って盛って盛ってと作業を繰り返す事に。しかも、現時点で当初の予定を大幅に超えたスケールになる事が確定したのであった。完成が近づいてきた今(上記写真撮影時では無く、まさに今)では、1/4〜1/5スケール辺りで、40センチ近い物になると思われます。ちなみにコンセプトは「微乳短髪バニ子さん」と言う事で付け耳を抜かせば35センチ強と言った所でしょうか・・・・。モリモリも2缶目に突入したのですが、余りの段取りの悪さの為に削りカスの多い事多い事・・・ドロドロでも買って混ぜ込んで使わないと勿体ないオバケが出そうな今日この頃です。(´・ω・`)ツ<長寿と繁栄を。
◎今回の反省点
・スケールサイズを保つ為にも整った板状の物を作りそれに転写する。
(今回はスケールが不明になったので適用不可)
・3面図なりイメージイラスト位はきちんと描こう。(コンセプトの明確化)
・削りカスばかりを増やさないように少しずつ盛って厚みを出す。
・上記にプラスして一度に大量に混ぜて使わない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2004

フィギュア実験記2

fi002.jpg
扇風機を使った換気システムと普通のマスクを用意して、いよいよ本格的にフィギュア作成開始。まずはガラス台の裏面にサイズを取る為に描いた物を貼付ける。そして、徐にパテをコネコネ混ぜて豪快にガラス台に盛りつける。焦っていたのか、パテはシール台紙の上で混ぜるってのを知ってるのにガラス台に直接盛りつけた為に固まったパテをガリガリと削り落とす羽目に・・・。まぁ裏面に貼付けた絵が見えなくなるので仕方なかったのだが・・・・ってこれも普通はパテ板を作って転写するってのがセオリーらしい・・・・・。
fi003.jpg
まぁ、細かい事は気にしないで気を取り直して完全硬化前にパテを剥がす。やった!まるで設計図の上に盛った意味を持たないボコボコの只の板が出来たよ!しかも混ぜきれていないので白いとこが・・・・・・・これどうすんだよ。一体ここからどうやってフィギュアにするんだよ自分・・・・。記念すべき初めの1体はパテの性質やフルスクラッチ行程を学ぶ1体なのでこう言った形で前途多難な方が良かったんだけど・・・・・なんかね・・・・・始まって早々不安感でイッパイ々(TДT;)<長寿と繁栄を!
◎今回の反省点
・パテはシール台紙の上でしっかりと混ぜる。
・盛る時もシール台紙の上で。
・直ぐには固まらないので落ち着いて形を整える。
・盛りながら細かい形は出せないので削る事を考えて盛る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2004

フィギュアの秋。

兼ねてから作りたかったフルスクラッチフィギュア制作を遂に開始しますた。
プラモのセミスクラッチ等は色々経験があるけれどフルスクラッチを含めフィギュアキットは1体も作った事が無いのですが、まぁなんとかなるだろうという事で、何はともあれまずは材料を購入。ざぁっと店を検索しWAVE直営のBe-Jにてレプリカントやホビージャパン等の記事でもお馴染みのプロ御用達ポリパテ「モリモリ1Kg」とフィギュア作りには欠かせないとされるリューターも、数ある中からWAVEの物をチョイス。(ちなみにおまけ付きだったのでお得だった)で、取りあえず届いたモノをじっくり観察。いままでポリパテはチューブタイプのしか使った経験が無いので、缶物と言うだけで何かプロっさが漂う。。。そして缶を開封。。。。これは!!?・・・・・臭い!もの凄く臭い!異臭騒ぎで通報されかねん臭さだ!こんな激臭を嗅いでいては未完成のフィギュアを片手に変死を遂げた変人として新聞に載ってしまうではないか!と言う事でフィギュア制作前に換気システムとマスクの購入が先決か。
fi001.jpg
ガラス台下のガンプラ箱は昔購入した1/60のV2ガンダムの物で、大きさが丁度いいのでプラ板やらサンドペーパー等をまとめてま。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2004

長寿と繁栄クポー。

なんかブログなんぞを始めてみましたのでヨロスク。
以前馬鹿ハマりまくって廃人化したFFXIの新しい追加ディスクが発売らしいので、昔描いたモグをうp。とても時間が無いので(有っても勿体なくも感じるが。。。)ネトゲは当分の間遊べそうも無いですが、FFVIIのムービーは雀の涙ほど期待。ってか全作フルCG映画化してくれれば金出すんだけどね。。。今年度中にPS3の発表も控えてると言う事だけど、リメイクばかりになるんでないの?とゲームとしての本文忘れてるゲームが多い昨今、自分もイラスト資料用か視点コードでエロエロモード目的にしかゲーム買ってないな。。。近いところでゲーム性を楽しむために買ったゲームはモンスターハンターだけだけど「1年はこれで遊ぶぞ!」と奮起するも、内容薄くて続編に期待しつつ売却(駄目じゃん!)お陰で小銭だらけの財布に漱石さんがおいで下さいました。これでうまい棒が95本も買える!いや楽天で買えばあるいは。。。秋の夜長はうまい棒カジリながらフィギュア作り。うむ、これだな。
mog.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | August 2005 »